思案橋居酒屋はち舎 甲州ワインと料理はいかが?

思案橋居酒屋はち舎 甲州ワインと料理

11月某日、グループ各店舗の代表とともに、“サントリー登美の丘ワイナリー”の視察研修に、はるばる山梨まで行かせていただきました。

山梨県は甲斐市、大垈の山奥、歴史あるスイッチバックの坂をバスで登ると、雄大な富士山、そして広大な甲府盆地が見渡せる登美の丘ワイナリーが広がっています。標高400から600メートルにもなるそうです。

登美の丘ワイナリー 

収穫の時期が過ぎていたため、実際にワインになるブドウはほとんどありませんでしたが、垣根仕立てと棚仕立ての広大なブドウ畑を目にすることができました。眺望台からのロケーションは想像していたよりも広大で伸び伸びとしており、以外にも他の植物も生い茂っています。なんでも共生によるブドウの実りの促進の効果があるとのこと。150ヘクタールという広大な土地に50近くの区画が存在する中、今回はカベルネソーヴィニヨンとメルローの畑に立ち入る機会をいただきました。

日照に恵まれ、標高により冷涼で、昼と夜の気温差が大きいという理想的な環境で、ひとつひとつ丁寧に育てられたブドウ。これらは手摘みされ、醸され、日本ワインとして瓶詰されるわけです。

登美の丘ワイナリー

サントリーの原点はワイン。110周年にもなるそうで、サントリー初のワインである“赤玉ポートワイン”の後継である、“赤玉スイートワイン”は、当店人気の『牛タンのトマト煮込み』などの煮込み料理に使われています。

また、世界最大のワインコンテストである、デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2019でプラチナ賞を受賞した“登美の丘 甲州 2017”は、鉄分含有量が少ないため、特に魚介との相性が良いとされています。当店の『ブリの照り焼き』『アラのあらだき』などの旨味がしっかりとした味わいのメニューでも、ふくらみのある味わいでしっかりと引き受けてくれます。食材の旨味を味わう日本料理との相性は抜群です。

今回はワイナリー内でのセミナーの中で、登美の丘ワイナリーの技術が伝搬されている、“塩尻ワイナリー”の商品についてもご説明いただきました。中でも“塩尻メルロ 2016”はスパイシーさと樽の香ばしいニュアンス、凝縮した果実味と力強いタンニンが特徴で、おすすめのマリアージュとしては、当店自慢の炭火焼きである『牛テールの黒胡椒焼き』『ラム串』『猪肉の炭焼き』などのスパイスを効かせた赤身や、ラム肉・ジビエ料理がございます。

店長 小川

思案橋居酒屋はち舎 忘年会・新年会コースのご案内

思案橋居酒屋はち舎では、忘年会、新年会でお愉しみいただけるコースをご用意しております。

コースは2,800円から、飲み放題付きですと4,500円からと大変リーズナブルな料金でお刺身、炭火焼き魚、鍋料理をご堪能いただけます。

>>詳細はコチラ

舌とお腹を満足させるはち舎のコース料理で盛り上がってください!

長崎思案橋の居酒屋はち舎【芳寿豚】期間限定メニュー

長崎思案橋の居酒屋はち舎の【ステーキ企画第11弾】で、
“芳寿豚”をご提供しています!

芳寿豚とは…
脂身が甘くジューシーさが特徴。
臭みが少なく、化学肥料や抗生剤の投与は一切無し!!

長崎県は島原が誇るSPF認定22年連続合格の豚です。
(SPFは健康豚の証である、有害な特定病原菌不在豚を認定する日本の機関です)

    • 芳寿豚

      芳寿豚

    • ヒレ

      ヒレ

      800

      脂が少なくヘルシー。
      一頭当たりの量が極めて希少な高級部位

    • ロース

      ロース

      750

      きめが細かく脂が乗って柔らか。
      肉質と風味の良さはヒレに次ぐ高級部位

    • 肩ロース

      肩ロース

      700

      赤身と脂肪が霜降り状で深い風味とコク。
      首から背中にかけての部位

    • バラ

      バラ

      650

      良質で堅くなくコクのある濃厚な味わい。
      骨付きの場合にはスペアリブと呼ばれる

X

燻製塩につけて食べると、さらに美味しさが引き立ちますよ~
「これはうまい!」と言っていただけます!
なくなり次第終了となりますので、ぜひご賞味ください!

【松坂牛】残り僅か!

松坂牛

大好評の【ステーキ企画】シリーズ!
全国各地のご当地牛やなかなか手に入らない希少部位などを炉端炭火焼でご提供いたします。

今回の松坂牛は、なくなり次第終了です。
おかげさまで多くの方にご注文いただき、残り少なくなってきました!

*トモバラ(あばら周辺の赤身)

あばら骨周辺の赤身。
食感は強めの味のある部位です。

*カイノミ(バラの中のフィレに近い部位)

バラの中のフィレに近い部位。
赤身と脂身のバランスが良く上品な味わい。

*ヘッドバラ

希少な部位。
内バラの一部で霜降りが入った、とろけるような食感。

自信を持ってオススメしています!
是非一度ご賞味ください。